幼い頃、足踏みミシンのカタカタという音を聞きながら、洋裁をする母の足元で遊ぶのが何よりも好きでした。ハギレをもらい、ただ2枚の布を縫い合わせただけの「何やらわけのわからないもの」が、宝物だった遠い昔。

結婚し、出産し、母となり、半世紀を生きた今、歩いてきた道を振り返ると、いつの時も私はモノ作りの中にいたことを、今更のように実感しています。

様々な手工芸に興味を持ち、常に自己流でチャレンジしながらひとつずつ引き出しを増やしてきましたが、1996年の個展で【moko doll】を発表したのを機に、ドール作家として本格的に活動を開始しました。

 表情のあるものを作り上げることは、大変難しい面もありますが、ドールと向かい合い「会話」しながらの制作過程は、私にとって楽しさのいっぱい詰まった心癒されるひとときです。

手にされた方が、思わず微笑んでくださるような、心温まるドールをお届けできるよう日々努力していきたいと思っています。  


  

他に同じものは存在しない、唯一のドールでありたいから

型紙を起こさず1体ごとに布を直断ちします。

微妙な布の膨らみに手のひらの温かさを包み込んでしまいたいから

ミシンではなく手縫いをします。

ご縁をいただいた方の元で、素敵な名前を付けてもらいたいから

どの子にも名前は付けません。

 

ひと針ひと針、心を込めて作り上げたドールたち

末永くお傍に置いていただければ幸いです。

  


■レースは必須

 

アンティークやヴィンテージの素材(レースやボタン、アンティークキルトやフィードサックなど)が大好きです!人為的に出そうとしても出すことの出来ない「時間の流れ」

同じものはもう決して手に入らない希少価値。

作品に存在感と深い味わいをプラスしてくれる大切な素材です。

moko doll では、レースをよく使いますが、単にそのままの状態で使うことは少なく、レースの上にレース、更にモチーフレースをビーズで留めつけたり刺繍をしたり、複数のレースを繋ぎ合わせて広いレースにしたりと、立体感を出すことを考えながらオリジナルレースに仕上げていきます。


■自立してます

 

moko dollには、お座りタイプとスタンドタイプの二つのスタイルがあります。

通常、ドールを立たせてディスプレイするには、専用のスタンドを使うのですが、moko dollのスタンドタイプドールは、布と綿のみで自立しています。

「自立」するためのバランスを保つのに、様々な箇所での微妙な調整が必要となってくるため、お座りタイプよりもボディの組み立てが難しく手間もかかるのですが、その「立ち姿」の可愛さを思うと何も苦ではなくなってしまう、とても魅力的なドールです。

今にもトコトコと歩き出しそうな・・・そんな姿が微笑ましくて。


■小物は自作する

 

カゴや帽子、アクセサリーやお花など、メインドールを引き立てるために様々な小物を使うのですが、「作れるものは何でも自作する!」がmoko dollの基本姿勢です。

ドールは、型紙を起こさず全てその都度イメージに基づいて布を直断ちして制作するので、靴のサイズもまちまち。

最近では本革を手縫いして靴を作っていますが、その場合もドールに合わせた完全オーダーメイド!

その子に合ったサイズで、お洋服のデザインに合わせた雰囲気で、完全オリジナルのものを作ります。定番素材は、2ミリ厚のフェルトや布地ですが、革や布、レースなども使用。

靴に合わせてポシェットやショルダーバッグも作っています。扱える素材の選択肢が増えると、表現の域も広がっていくので積極的に色々な手工芸にチャレンジしていこうと思います。